1. HOME
  2. 電子機材部
  3. 製品情報
  4. X線多層基板検査装置

X線多層基板検査装置

概要

X線を用いて多層基板の内層ズレ量を計測する装置です。

X線多層基板検査装置の特長

  1. 1 φ0.1mm穴の検査が可能!

    2インチ/4インチ切換および焦点サイズ5μmの高解像
    マイクロフォーカスX線と高解像LIカメラを搭載し、
    高精彩画像を実現。
    スムージングにより最大約400倍の検査が可能。

  2. 2 内層パッド 穴を自動認識!

    内臓パソコンに、X線画像処理機能を搭載。
    内層パッドと穴をソフトウェアで自動認識し、
    ずれ量を非常に簡単な操作で計測可能。
    さらに穴径、2点間隔などの標準的な画像計測も。

  3. 3 オフセット/スケーリングを自動演算(オプション)
    →穴ずれ歩留まり向上!

    測定したずれ量からオフセット量とスケーリング値を自動演算可能。
    この数値をNC穴明機に反映させることで穴ずれ歩留まりが向上。

  4. 4 パソコン内蔵。ネットワーク対応が用意!

    X線画像および計測用にWindowsパソコンを搭載。
    Windowsの機能でデータ出力をHDDやネットワークなど
    柔軟に対応。

  5. 5 高出力のX線管球を搭載。40層基盤の検査を実現!

    X線出力 最大80KV(実効10~70KV)の高出力管球搭載。

X線多層基板検査装置

X線多層基板検査装置の用途

  1. 1 多層基板の内層のズレ量を計測し、オフセット量とスケーリング値を自動演算することができます。
  2. 2 基板内部を破壊せずに観察することができるため、部品内蔵基板などの観察に有効です。

X線多層基板検査装置のよくあるご質問

X線装置で撮影した画像を報告書に張り付けたいのですが可能でしょうか?
パソコンで画像処理等を行っているので、撮影した画像を外部に保存する事が可能です。
報告書を作成するパソコンで、このX線画像を撮影した画像データを使用できます。
このX線装置を使用する場合、X線使用資格者は必要ですか?
有資格者は不要です。但し、労働基準監督署への使用登録は必要です。
穴のズレを測定した場合、その数値を加工に反映させられますか?
測定した数値を、ファイル出力することが可能です。これを次工程にフィードバック可能です。
X線の発生源の寿命は何時間ですか?
保証期間は1年間です。時間での規定はありません。

オプション機能

自動内装穴ずれ測定ソフト

自動内装穴ずれ測定ソフト

クーポン穴のずれ量を測定し、
歩留まり向上!

対応可能な材質などご質問がある方は、
お気軽にご相談ください

お見積り・販売は1つから対応可能です。
商材に関するお問い合わせ・技術相談はお気軽にご相談ください。

お見積り・販売は
1つから可能です

電子機材部へのお問い合わせは、
お問い合わせフォームにて承っております。
商材に関するお問い合わせ・技術相談は
お気軽にお寄せください。

〒141-0001
東京都品川区北品川5-5-25

アクセス >

TEL: 03-5798-4402

FAX: 03-5798-4408