1. HOME
  2. エコシステム部
  3. プリント配線板用CADデータ変換ソフトウェア
    「Stella Station Translator」

プリント配線板用CADデータ変換ソフトウェア
「Stella Station Translator」

Stella Station Translator は、今まで実現不可能と思われていました、
CR8000/DF(BD) と Allegro PCB(OrCAD PCB) 間のデータ変換を実現しました。


CR8000/DF(BD)・AllegroおよびPADSから出力される、全情報(アパーチャ・設計条件・部品ライブラリ・部品配置・配線パターン・ネット・層・外形・禁止領域・高さ制限・配線パターン・パッド・VIA・面・クリアランス・等長・線長など)に対して簡単に全自動変換を行うことができるソフトウェアです。

stella station

概要

Translator シリーズ

ソフトウェア名 概要
Allegro PCB ⇔ CR8000/DF(BD) brd file と ASCII fileの変換
Allegro PCB ⇔ PADS brd file と ASCII fileの変換
CR8000/DF(BD) ⇔ PADS 各ASCII fileでの変換

Translator シリーズ

ソフトウェア名 概要
PANEL PLAN Allegro PCB 多面付け・異種面付け機能

Translator Plus (オプションソフトウェア)

ソフトウェア名 概要
CR8000/DF(BD) → Allegro Package Designer Bound Wire・Die・DiePAD対応

CR8000/DF(BD)からAllegroへの変換


CR8000/DF(BD)より出力されるアスキーファイル(prf ・ pkf ・ftf ・tcf ・pcf ・ruf)から、アパーチャ情報・設計条件情報・部品ライブラリ情報・部品配置情報・配線パターン情報・ネット情報・層情報・外形・禁止領域・高さ・配線パターン・パッド・ビア・面・クリアランス・等長・線長等の各種情報を容易にStella Station Translator がAllegro Skill 言語を用いたプログラムでAllegro基板情報ファイル(wsc) ・テクノロジファイル(tech)・コンストレインツファイル(dcf)を作成し、Allegroのボードデータ(brd)へ自動で変換します。

AllegroからCR8000/DF(BD)への変換


Allegro のボードデータ(brd)から、アパーチャ情報・設計条件情報・部品ライブラリ情報・部品配置情報・配線パターン情報・ネット情報・層情報・外形・禁止領域・高さ・配線パターン・パッド・ビア・面・クリアランス・等長・線長等の各種情報をStellaStation Translator がAllegro Skill言語を用いたプログラムでAllegro基板情報ファイル(wsc)・テクノロジファイル(tech)・コンストレインツファイル(dcf)を作成し、それらをCR8000/DF(BD)のアスキーファイル(prf ・ pkf ・ ftf ・ tcf ・ pcf ・ruf)へ自動で変換し、CR8000/DF(BD)へ取り込む事が可能です。

CR8000/DF(BD)からAllegroへの変換イメージ(全自動変換)

Allegro PCBの画面上より図研アスキーファイルを選択。

CR8000/DF(BD) ⇒ Allegro 層変換テーブル(自動作成)

変換履歴リスト

Allegroに変換された画像

Stella Station Translator 導入のメリット

物的財産の有効活用

客先からのCAD指定で CR8000/DF(BD) 端末は忙しいが Allegro 端末が空いている時や、逆にAllegro 端末は忙しいがCR8000/DF(BD) 端末が空いているなど、CAD種類によって使用頻度の偏りが起こります。 Stella Station Translator を導入することによって、空いている別CAD端末で設計する事が可能です。
偏っていたCAD端末使用頻度の分散および平均化を図ることができ、設備の有効活用が可能です。

人的資源の有効活用

CAD種類によって設計技術者の労働密度に偏りがあり、別CADの設計技術者の手が空いていてもオペレーションが解らないため手伝えず、指定CADの設計技術者だけが残業や休日出勤をしなければならないのが現状です。
Stella Station Translatorを導入することによって、空いている別CAD端末のデータベースへ変換し、設計技術者の労働密度の偏りを無くし、労働の分散と平均化を図る事が可能となり、人的資源の有効活用が可能です。
またホストCADへデータを戻す事も可能な為、データベース納品の設計も使用するCADシステムに依存しないで設計業務を進めることが可能です。

顧客の拡大・新たな営業展開

CAD指定により今迄受注できなかった顧客に対して営業活動が可能になり、新たな顧客獲得と営業展開が期待できます。
また、今までの取引先である海外顧客および海外の新規顧客とのデータの互換をとる事も可能となります。

Stella Station Translator 導入の事例

大手電機メーカー様の場合 配置配線 [Allegro⇔CR5000/BD]で使用

(Allegro:3台 CR8000/DF(BD):10台使用中)

【導入目的】

  1. 1 取引先指定のCADシステムにより、使用するCADシステムの使用頻度が偏っていた。
    使用頻度の平均化を図り、設備の有効活用。
    (お客様指定のCADシステムの仕事量がオーバーしますと、外注へ依頼または受注をキャンセル)

  2. 2 部品ライブラリの共通化
    (以前作成した部品でも、CADシステムが違うと同じ部品でも、再度作成を行なっていた)
導入前

※CR8000/DF(BD)の仕事量がオーバーすると、外注へ依頼、
または受注をキャンセル。
※Allegroの設計技術者は、CR8000/DF(BD)の台数に限りがあり、手が空いていても簡単に設計が出来ない状態が続いていた。

導入後

■ 経費(外注費)低減
■ 人的資源有効活用
■ 物的資源有効活用

同時に部品ライブラリの共通化にも成功!

部品を作成する場合

新規作成:5分〜1日(別CADシステムで作成した場合)
⇒ 空いているCR8000/DF(BD)またはAllegroで作成。どちらで作成しても同じ形状となる。

Translator変換:約30秒
⇒以前作成した部品があれば、共通部品として、どちらのCADシステムでも使用可能。
新規作成に比べ、1/10以下の時間となる


大手電機メーカー様の場合 配置配線 [Allegro⇔CR5000/BD]で使用

(Allegro:1台 CR5000/BD:30台使用中)

  1. 1 取引先指定のAllegroシミュレーションでチェックし、Allegroデータで納品するため使用
    (以前は、CR5000/BDで設計したデータをガーバー出力し、Allegroでガーバー入力を行い、
    Allegro側で再度部品/VIAを入力し、チェック後納品を行なっていた)

  2. 2 部品ライブラリの共通化
    (CR5000/BDで作成した部品も、再度Allegroで作成を行なっていた)

【導入目的】

導入前

※CR5000/BDで設計を行いガーバー出力し、Allegroでガーバー入力を行なった後、部品・VIAを再度入力していた。
他社より大幅に時間が掛かっていた。

導入後

■ 人的資源有効活用
■ 物的資源有効活用

納期短縮に成功!

【データ移行にかかる時間】

従来:Allegroへの移行作業 → 約5日間(40時間/2,400分)
⇒(部品作成+部品配置+ガーバー入出力+NET入力 など)

導入後:Translator変換 → 約10分
⇒(CR5000/BDで作成された部品・VIA・NET等のデータを全てAllegroへ変換するため、変換時間のみとなる)

大手プリンタメーカー様の場合
(配置配線 [Allegro⇔CR5000/BD]で使用)

(Allegro:10台 CD5000/BD:30台使用中)※導入工場のみ

導入目的

  1. 1 取引先部署指定のCADシステムにより、CADシステムの使用頻度が偏っていた。
    使用頻度の平均化を図り、設備の有効活用。
    (取引先部署指定のCADシステムの仕事量がオーバーしますと、順番待ちの状態となっていた)

  2. 2 図研側にしかシミュレーションが無く、Allegroデータもシミュレーションしたい。

設計会社様の場合(部品作成 [PADS→Allegro] +配置配線で使用)

(Allegro:2台 PADS:7台使用中)※導入工場のみ

導入目的

  1. 1 Allegroの設計端末機としてPADSを使用
    (Allegroの端末機が少なく、Allegroの仕事が多いと断っていた)

  2. 2 部品ライブラリの共通化
    部品作成時間⇒PADSで作成後、AllegroへTranslator変換 約10分 +変換時間 30秒
    (部品作成は、PADSで作成した方が圧倒的に早く、特に複雑な形状だと大幅に違うとのこと)
    コストパフォーマンス PADS:Allegro=1:5

変換サンプル

変換事例

配線層
12層
PIN数
約10,000ピン
IVH仕様
BGA/QFP/SOP多数
変換時間
8分以下

(全データ:NET・部品・配置・配線・PADスタック・寸法・設計条件・層情報・外形・禁止・高さ等)

CR5000/BDの画面

CR5000/BDの画面

Allegroの画面

Allegroの画面
CR5000/BDの画面 (TOP・L8内層)

Allegroの画面 (TOP・L8内層)

CR5000/BDの画面 (TOP・L8内層)

CR5000/BDの画面
(TOP・L8内層)

Allegroの画面 (TOP・L8内層)

Allegroの画面
(TOP・L8内層)

CR5000/BDの画面

Allegroの画面

CR5000/BDの画面

CR5000/BDの画面

Allegroの画面

Allegroの画面

CR8000/DF(BD) → Allegro Package Designer (OP.)

CR8000/DF(BD)で作成されたBound Wire・Die・Die_PAD形状および属性もボタン一つで自動変換する事が可能です。
Allegro Package Designer変換は、Stella Station Translatorソフトウェアの追加オプションソフトウェアとなります。
※CR8000/DF(BD) → Cadence APDへの片方向のみのソフトウェアとなります。
(別途、特注ソフトも承ります)

CR8000/DFの画面

Allegroの画面

Allegro PCB・OrCAD PCB ソフトウェア「Stella Station PANEL PLAN」

Stella Station PANEL PLANをAllegro PCBおよびOr CAD PCBにアドオンする事により、その画面上で簡単
(フルオート)に多面付・異種面付が行え、そのまま各種データ出力(ガーバー・NC出力・実装データ)
をする事ができます。

Stella Station PANEL PLAN
異種面付

本ページに記載されている製品名、会社名は各社の商標又は登録商標です。

Stella Station Translator ソフトウェア構成

お見積りはお気軽にご相談ください。

エコシステム部の商材に関するお問い合わせ・
技術相談はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

お見積りはお気軽にご相談ください。

エコシステム部へのお問い合わせは、
お問い合わせフォームにて承っております。
商材に関するお問い合わせ・技術相談は
お気軽にお寄せください。

〒146-0082 
東京都大田区池上2-8-15

アクセス >

TEL: 03-3753-4455

FAX: 03-3753-0044