リチウムイオン蓄電池システム

蓄えたエネルギーを自家消費、ゼロエネルギーで環境負荷を軽減!
 
 
エネルギーを蓄える!
太陽光発電システムで発電したエネルギーを蓄電池システムに蓄えエネルギーの「見える化」で賢く使う。
そして、停電時(災害時)にも確実に電気を供給します。
 
 

導入メリット

電気を買わずに太陽光発電で充電し無料の電力を使う!
 
電力会社からの購入電力を減らし自給自足に貢献します。また、太陽光発電で創った電力を蓄えて活用することにより、日々の節電にも貢献できます。
リチウムイオン蓄電池12.0kWhシステムの場合、
購入電力で充電すると360円の出費!
太陽光発電の電力で充電すると0円!
30.02円/kWh(従来電灯3段階)×12kWh=360円
平成28年8月現在
 
 
安い夜間電力で充電し日中使う!
 
リチウムイオン蓄電池12.0kWhシステムの場合、
太陽光発電の電力で充電すると、年間約40,000円の節約!
{ 30.02円/kWh(従量電灯3段階)−20.78円/kWh(夜トク8)} ×12kWh ×365日=40,000円
平成28年8月現在
 
 
非常時の電源確保
 
万一の停電時は蓄電池から放電し、パソコンや冷蔵庫、携帯電話の充電など必要な電力を確保します。
リチウム蓄電池 12.0kWシステムの場合
停電時には、これらの機器(消費電力合計430W)を連続23時間使用可能!
非常時の電源確保
 
 

充放電・停電時のリチウムイオン蓄電池システムの動作

・太陽光で発電した電力と蓄電池からの電力を使用するため、節電効果あり!
・余った電気は電力会社へ売電できます!
 
充放電・停電時のリチウムイオン蓄電池システムの動作
充放電・停電時のリチウムイオン蓄電池システムの動作
 
 

リチウムイオン蓄電池ラインナップ

■大容量タイプ(12kWh)   ■スタンダードタイプ
(7.2kWh)
  ■マルチDCリンクタイプ
(7.2kWh)
■大容量タイプ(12kWh)   ■スタンダードタイプ(7.2kWh)   ■マルチDCリンクタイプ(7.2kWh)
大容量かつスリム。コンパクトなハイスペック蓄電システムです。   日中に電気を使うかどうか、売電したいかどうかなど、目的に応じて選べる2タイプ。   太陽光で作った電気をDCリンク(直流接続)で蓄えることができます。
 
 
本ページに記載されている製品名、会社名は各社の商標又は登録商標です。
    • お問い合わせ
    • お問い合わせボタン