〔16〕マルエージング鋼(KMS-18)

 

18%Niを基本成分として、Co,Moを含有し、これにTi、Alを添加したもので、820゜C程度の温度で

溶体化処理を行い、マルテンサイト状態で約500゜Cにて時効処理を行うことにより、高い強度と優れた

靭性を兼ねた析出硬化型の材料で、Co,Ti等の成分を調整して、140kg/mm 2〜260kg/mm 2級の

マルエージング鋼を製造することが出来る。

 
特徴
  1) 200kg/mm 2以上の高い耐力のものが得られる。
  2) 強度に比して靭性に優れ、切欠引張強度が大きい。
  3) 衝撃特性に優れ、低温域での劣化が少ない
  4) 寸法変化が少なく精密部品に適する。
  5) 高温強度が優れ400゜Cまでは、強度低下は極めて少ない。
  6) 冷間加工硬化が少なく、加工性、溶接性もよい。
  7) 熱膨張係数が 小さい。
             鈴木住電 神鋼鋼線 日本高周波 大同特殊鋼
 

<用途・加工例>

 
極細のバネ/極太のバネ  
極細のバネ/極太のバネ
 
 
 
 
 
 

 

  • お問い合わせ
  • お問い合わせボタン